妊娠した女性の画像

妊娠はまだ早いけどセックスは積極的にしたいという方は必見!

ピルは妊娠を避けられても、性病を避けることはできない

ピルは、性病を予防することはできない。ピルの知名度も上がり、ピルを内服する女性も増えてきています。その目的は単に生理をずらしたいという気軽な気持ちで一時的に利用する人もいます。また妊活中で生理不順なことを改善したいと思って内服している人もいます。しかし多くの人は、妊娠を避けるために、つまり避妊のために使用するひとが多いのではないでしょうか。そのため、一般には、避妊薬として浸透してる場合もあります。またピルは毎日一定の時間に内服することで、ホルモンのバランスを整え、排卵をしない体の状態を作り出すことができます。これが、内服を忘れたり、24時間以上時間が空いてしまったりすると、バランスが崩れ、ピルの内服の効果が出ない場合もあります。そうすると、飲んでいたとしても妊娠するということもあるのです。このピルを内服する場合、知っておかなければいけないことがあります。それは妊娠をしないような効果はありますが。性病を予防する効果はないということです。そのために、ピルを飲んでいて妊娠しないからといって、安心して何も着用せず性交渉をすると性病に感染する可能性は十分にあります。性病を予防するためには、ピルではなく、ほかの方法、コンドームを使用することが一番良い方法なのです。しかしこのコンドームは避妊率が100%だとはいえません。そのため妊娠を避けるためには女性側はピルを使用し、男性はコンドームを使用するという性交渉が一番良いでしょう。性病はもし一度なってしまうと、カップルで協力して治療する必要がありますし、定期的な内服などをしなくてはいけません。予防ができるものなので、はじめから感染をしないようにしっかり対策をとって予防していきたいですね。