妊娠した女性の画像

妊娠はまだ早いけどセックスは積極的にしたいという方は必見!

ピルは排卵しやすくなる効果もあります

排卵しやすくなる効果を持つピルの画像ピルは、多くの場合避妊を目的として服用される薬です。
ピルを服用すると、排卵がおこなわれなくなり、妊娠しなくなるのです。
しかし実は、ピルは排卵しやすくなるという効果もあります。
これはピルの服用により抑制されて、排卵のタイミングを待っていた卵子が、服用をやめることで堰を切ったように飛び出してくるからです。
ピルの服用期間が長ければ長いほど、堰き止められていた期間が長く、その分排卵を待ちかねていた卵子が出てきやすくなります。
そのような卵子は、精子と結びつく力も強く、通常の排卵により出てきた卵子よりも高い確率で受精卵となります。
つまりピルには、妊娠しやすくするという効果もあるというわけです。
また、ピルの服用をやめると必ず排卵が起こるので、それにより妊娠のタイミングもはかりやすくなります。
現に生理不順による不妊の治療として、生理周期を正すためにピルが使用されることも多くあります。
さらにピルは、排卵を止めることで女性の体内に卵子を長く留めることができます。
女性の体内の卵子の数は決まっていて、それが排卵されるたびに減っていくのですが、ピルによって排卵を止めると、年をとっても卵子が体内に残ることになります。
そのため閉経の時期が遅くなり、妊娠可能な時期が延びます。
この点においても、ピルには妊娠しやすくなる効果があると言えます。