妊娠した女性の画像

妊娠はまだ早いけどセックスは積極的にしたいという方は必見!

2015年08月の記事一覧

妊娠と月経と自律神経失調症について

妊娠は子供がほしいと望んでいるご夫婦にとってとても大切なものです。
スムーズにいけば良いのですが、なかなか妊娠することができない場合もたくさんあります。
妊娠するためには様々な要因が関係してきます。
その中でも月経は重要なポイントです。
月経は一般的に4日から7日間、25日から38日間の周期が正常と言われています。
24日以下を頻発月経、39日以上を異常月経と呼んでいます。
原因は、ストレスやホルモン分泌の異常、黄体機能不全など様々です。
このような状態でも排卵していれば妊娠することは可能ですが、排卵が行なわれていない場合もあります。
月経の状態を整えないと妊娠することができないので、原因を突き止めて早めに治療することが重要です。
基礎体温を測るとご自分の月経周期がどのような感じなのか把握することができますので、まずは基礎体温を測ってみるといいでしょう。
自律神経失調症も女性に多い病気の一つです。
自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまった病気です。
自律神経失調症の主な原因はストレスです。
ストレスが溜まると不眠や体の不調を引き起こしてしまうので、神経のバランスも崩れてしまうのです。
その他にも、不規則な生活や妊娠や出産などが関係しています。
妊娠したことにより、体に変化が起こりホルモンバランスが崩れてしまったり、環境の変化への不安から自律神経が機能しにくくなってしまうのです。
倦怠感や食欲不振などの症状もあります。
自律神経失調症の治療法は、生活習慣を整えることと食生活を改善することです。
女性の体や精神はとてもデリケートです。
ご自分の体の状態をきちんと把握して妊娠しやすい状態にしておくことがとても大切です。

続きを読む